今日、頭を通り過ぎていったこと…

もうしょうがないので、ジャンルを限定せずに…

統合失調症の脳の中のミクロの世界

https://doi.org/10.1176/appi.ajp.2017.16070814

 

Selective Loss of Smaller Spines in Schizophrenia

 

昔々は、統合失調症 schizophrenia(余談ですが、この英語名 schizophreniaのschizo-は「分裂」と訳すのが医学の世界では一般的であり、phrenは「心」ですから、この英語をちゃんと日本語に訳すと「精神分裂症」と訳すのがどう考えても妥当です。もう随分前に、しかし、当時の和訳「精神分裂病」に嫌な印象がつきすぎたので、日本精神神経学会が現在のへんてこな和訳に切り替えたのでした。いかにも日本人らしい表面的なやり方です…。)は、原因もよくわからず、脳の中にどういう変化が起こっているのかもよくわかっていませんでした。

 

そのせいか、統合失調症などという病気は存在せず、ただ思想の違いなだけなのだ、などというわけのわからない屁理屈をのべる社会学者もいたほどでした。

 

まったく、社会学者というやつらは、どうしてこうもさしたる根拠も科学的考察もなく、思いつきのような見解を平気で述べてしまうのだろう、と思いもするのですが、そのような勝手なことを言われてしまってもしょうがないくらい、当時は統合失調症の組織レベル、細胞レベルでの「病理学」がはっきりしなかったのです。

 

それが、今ではすっかり変わっています。統合失調症は脳の神経細胞ニューロン)の樹状突起が減ってしまう明確な細胞レベルの「病理学」がはっきりしてきたわけです。 これが理由で、統合失調症の人たちは脳の萎縮が起こっていたのであり、脳の機能の障害が起こっていたのです。

 

上記の論文は、そこからさらにすすめて、この樹状突起の減少が「新しい樹状突起が増えてかないため」であり、(昔に仮説として言われていたように)思春期の樹状突起シナプスの「刈り込み」のし過ぎで「古い樹状突起が減りすぎてしまったため」ではないんだろうことを示唆しています。

 

まあ、なんにせよ、この分野も極めてゆっくりではあるわけですが、学問上の進歩をつづけているわけです。