今日、頭を通り過ぎていったこと…

もうしょうがないので、ジャンルを限定せずに…

酒と泪と男と女…って。

https://doi.org/10.1176/appi.ajp.2016.16050589

 

Divorce and the Onset of Alcohol Use Disorder: A Swedish Population-Based Longitudinal Cohort and Co-Relative Study

 

いわゆるビッグデータを使った精神科疾患の大規模研究の分野では度々出てくるKendler先生たちのこの研究では、スウェーデンの人たちのデータを使って、離婚の前後でアルコール乱用がどれだけ増えるかを検証しています。

 

以前から、離婚とアルコール乱用には相関があることが知られていたのですが、問題はその因果関係でした。 普段からアルコール乱用なんかしているから、相手に離婚されてしまうのか? あるいは離婚が辛くてアルコール乱用に逃げてしまうのか? あるいは、その両方か?

 

まあ、この研究の結果、どうやら両方ありそうなことが示されていました。 そもそも「離婚」によらない配偶者との離別である「死別」でも、「離婚」ほどじゃないにしろ、アルコール乱用が増えることも示されていました。 それでも、もともとアルコール乱用の癖があるとか、あるいはアルコール乱用に陥りやすい性格傾向をしているから、離婚という事態が引き起こされた、とい因果関係もまた十分にありそうでした。

 

まあ、いずれにしろ、若い頃に失恋するたびに「やけ酒」をやった人は多いんじゃないでしょうか。 これがアルコール乱用となると、ちと問題ですが。

あれ? もしかすると今の若い人たちは失恋してやけ酒なんて行動パターンは持ってないですかね? そもそも、そんな失恋につながるような恋はしないとか? …それはそれで大問題でしょうが。